HOME > 用語集(生地について)

用語集(生地について)

  • 生地について
  • 染色・プリントについて
  • 加工について

社旗や、その他のオリジナル旗の製作時に使用される生地などについてご紹介しております用語集になります。実際に特注品の作成される際には不必要な事柄かもしれませんが、ご記憶頂き、何かの折にでも思い出して頂ければ、幸いに思います。

アクリル
生地の名称。双糸の平織り。アクリル合成繊維の商標名で限りなく綿や羊毛に近く出来ており、肌触りは柔らかく滑らか。編目が粗いため、風に対して美しくなびくことから社旗や国旗、安全旗などには、この生地が使用されることが多い。
ポリエステル

ポイエステルは、化学繊維素材の中では、ナイロンに次ぐ丈夫さを持つ、日本国内で最も制作されている合成繊維になります。

様々な衣類に活用され、その丈夫さや摩擦に対する強さなどを発揮しております。オリジナル旗の製作においては、チーム旗・応援旗と言った用途に最も活用されるテトロンポンジやトロピカルの素材となっており、屋外スポーツのシーンでは特徴的な軽さが光り、インクジェット印刷による、フルカラープリントにも対応と、使い勝手の良い素材です。

綿

綿は自然素材であり、多目的に使われる日本的な生地素材である為、あらゆる場面で作成された製品を見掛ける繊維です。

多くの特注旗の制作にも活用され、特徴的な印刷方法を使える生地になります。

綾織り

斜紋織やツイルとも呼ばれる、経糸が緯糸の2〜3本、緯糸の下を1本と交錯されて織られていく綾組織になります。糸の交錯する点が斜めに走って見える事が特徴で、その斜めに走る線の事を綾目や斜紋線と呼ばれています。プリントの映えるシャークスキンは、綾織りで織られた生地になります。

平織り

経糸と緯糸を交互に織っていく、最も基本的な織物組織になります。更に強度を上げる為に、1本ずつの糸を2本ずつに切り替え、織られた物を斜子織りと呼びます。基本的な織り方なので、社旗や応援旗、チーム旗と、様々なオリジナル製作旗の中に見る事が出来る織り方で、格安で特注制作販売される製品の中にも、平織りで織られている生地は多々ございます。

朱子織

経糸、緯糸が5本以上から構成される、織物組織になります。経糸、緯糸、一方が沈み込み、一方が表面に現れると言った独特の特徴を持っています。高級感のあるサテンも朱子織であり、そうした高級感は、激安旗の作成にも活用されています。

テトロントロマット

同じポリエステル系の生地である、テトロンポンジやトロピカルよりも厚手の生地になります。非常に厚みがあり、重い為、少しの風でははためく事はありませんが、反面国旗制作にしようした際には、重厚感あふれる良質のフラッグが作成可能になっています。

  • 無料お見積り
  • 生地サンプル
  • お問い合わせ
 
Copyright© 2013 旗染卸工場 All Rights Reserved.