HOME > 旗の染色方法

旗の染色方法

オリジナルにて、社旗やその他の格安旗を染色する際には、生地素材に応じて、以下のプリント方法のいずれかをご選択頂く事になります。もちろんそれぞれ、特定の生地にのみ有効の物、コストを考慮した際に激安で作成して頂ける物などがございます。実際に特注にて制作される際、ご不明な点、疑問点などございましたらお気軽に当店まで、ご相談下さいませ。

反応染め 基本の染色方法

本染めとも呼ばれる、主に綿素材を染色する際に用いられる方法になります。天竺やシャークスキンはもちろん、エクスランにもご利用頂く事が可能で、社旗や応援旗、チーム旗などに威厳溢れる重厚感と格式をもたらす、プリント印刷方法になります。

旗生地の裏までしっかりとムラなく染める事ができ、編み目の粗いエクスランなどは、反応染めで染色しますと高級感あるツヤと、綺麗に風にたなびく軽さを有しているため、屋外向きであり、社旗を格安で製作する際には適した染色方法になります。

シルクスクリーン印刷 大量だと激安な化繊のプリント方法

格安な化学繊維素材の生地を利用し、大量枚数の旗を作成する際は、最適なプリント方法になります。上にインクを乗せる形で染める為、旗生地の裏まで完全に染まらず、硬さを持つので屋外用不向きで、主に、壁やお部屋など装飾として活用されます。

また、個性的なデザインが良く目立つ、オリジナルのチーム旗・応援旗製作にも非常に向いている印刷方法になっております。

顔料捺染 綿素材で格安な方法

硬くバリバリとした糊が効いた様な仕上がりになる為、壁に取り付ける事に向いている染色方法になります。天竺木綿のみに用いられる染色方法で、社旗、自治体旗、安全旗、安全衛生旗など非常に激安で作成出来ます。また、体育館などに掲げる応援旗やチーム旗なども、この染色方法で染められた物が多く、天竺木綿を使った、格安大量制作に向いている印刷方法になります。

インクジェット印刷 化繊で枚数が少ないと激安なプリント方法

化学繊維素材を用いた、特注旗の少数制作において、激安で仕上げる事が可能なプリント方法になります。シルクスクリーン印刷とは違い、製版の必要性が無く、色数も自由に決められるので、写真を基にしたフルカラーやグラデーションの使用も出来ます。その為、応援旗やチーム旗など、当店で行われる格安作成販売に向いた方法だと言えます。

旗の染卸工場では、通販だからこそのお客様対応で、オリジナル社旗などの作成目的やコストを伺う事で、生地はもちろん、プリントや印刷を行う染色方法なども、御相談頂けましたら、ご要望に則したご提案等をお出しする事が可能になっております。

当店自慢の、激安製作販売をこの機会に体験して頂きたいと思っております。宜しくお願い致します。

  • 無料お見積り
  • 生地サンプル
  • お問い合わせ
 
Copyright© 2013 旗染卸工場 All Rights Reserved.