HOMEデータ作成の注意点 > Photoshopの注意事項

Photoshopの注意事項

新規作成
  • ・カラーモードはRGBカラーではなく、CMYKカラーを必ずご選択下さい。
  • ・スポットカラーのPANTONEやDICなどは使用しない下さい。
  • ・アートボードの大きさは、A4サイズがオススメです。

カンパスカラーは、「背景色」や「透明」に設定されている場合がございますが、その際は、「白」に戻し、設定する様にして下さい。

プリント印刷する写真や画像を制作する際は、まず解像度の単位を「pixel/inch」に設定し、デザインを始めて下さい。その際、取り込んだ画像が元々、200dpiよりも低い場合は、新たに撮り直すか、作成し直す事をオススメしております。 解像度が200dpiよりも低いデータですと、画質の粒が粗くなってしまいますので、ご注意下さいませ。

ヌリタシについて

ヌリタシ図

フォトショップをご利用される場合、必ずこのヌリタシが必要になってまいります。完成した旗の仕上がりサイズよりも、上下左右3mmほど、プラスにしたサイズで、データを製作して下さいます様、宜しくお願い致します。なお、画像の単位ですが、「pixel」などに設定されている場合には、「mm」に直してから、このヌリタシ部分を作成して下さいませ。

仕上がりサイズとヌリタシの設定

例として、1800x600mmのサイズにて、オリジナルの旗を製作する際の仕上がりサイズ、及びヌリタシについてご説明致します。

手順1■定規を表示させる

フォトショップにて、仕上がりサイズを表すガイドラインを引く為には、ウィンドウの左端と上端に定規を設定する必要がございます。フォトショップのメニューバーより、「ビュー」⇒「定規」をご選択頂き、画面に定規を表示させて下さい。

手順2■ガイドの設定

左端を上端にある定規から、ドラッグを行う事で、ガイドを作成する事が出来ます。左端より、ドラッグし3mmの場所に1本目のラインを置きます。次に1803mmの場所に2本目のラインを引きます。次に上端から、3mmの所に1本目のラインを引き、603mmの所に2本目のラインを置く事で、ガイドラインが完成致します。この時、ガイドラインのサイズは、1806×606(mm)マイナス3+3の1800×600(mm)になります。

レイヤーの統合

レイヤーの統合は、レイヤーの非表示やロックなどにより、旗にプリントを施す際、デザインが印刷されないと言ったトラブルが起こる事を防ぐ為、レイヤーが複数存在する場合には、必ず行って頂く必要性がございます。フォトショップのメニューバーより、「レイヤー」⇒「画像を統合」をご選択して頂き、実行して頂く事で、各レイヤーは統合されます。

ラインにおける注意点

ラインや点は、2px以上にご設定下さいます様、お願いしております。極細のラインや、極小の点ですと、オリジナル旗へのプリント印刷の際、消えてしまう可能性がございます。その為、2px以上でご設定頂きたいと思っております。

  • 無料お見積り
  • 生地サンプル
  • お問い合わせ
 
Copyright© 2013 旗染卸工場 All Rights Reserved.