HOMEデータ作成の注意点 > Illustratorの注意事項

Illustratorの注意事項

旗製作時のオススメ設定
  • ・カラーモードはRGBカラーではなく、CMYKカラーを必ずご選択下さい。
  • ・スポットカラーのPANTONEやDICなどは使用しない下さい。
  • ・アートボードの大きさは、A4サイズがオススメです。

カラーモードをRGBカラーに設定してしまいますと、お客様が画面上でご覧になる色と特注旗が実際に作成され仕上がった際の色では、多分に異なる可能性がございます。その様な事が起こらない為にも、CMYKカラーでの設定をお願いしております。

また、既にイラストレーターを使い、RGBカラーでオリジナル旗のデザインが完成している場合は、上部にありますメニューバーより、「ファイル」⇒「ドキュメントのカラーモード」⇒「CMYKカラー」を設定する事で変換できます。

旗制作に写真や画像データを使う際
  • ・写真や画像の元データもカラーモードは、CMYKカラーに設定して下さい。
  • ・プリントするデザインの解像度は200dpi以上の物をご使用下さい。
  • ・保存形式は、psd形式での保存をお願い致します。

解像度イメージ

写真や画像の元データがRGBやダブルトーンの状態ですと、イラストレーターに取り込んだ際、自動的にCMYKカラーに変換されてしまう為、お客様が想定している色とは違った物が表現される可能性がありますので、十分にご注意下さいませ。

また旗への印刷に使う写真や画像の解像度を200dpi以下にされますと、画質の粒が粗くなってしまいますので、ご用意された写真や画像が200dpi以下だった場合は、再度、撮り直す、もしくは制作し直して頂く事をオススメ致します。

旗作成時に使う写真や画像の保存形式は、epsでも問題なく開くことが出来るのですが、当店では、共通認識として扱いやすいpsd形式にてお願いしております。イラストレーターのメニュー項目にて「ファイル」より「別名で保存」を選択し、項目「フォーマット」を「Photoshop PSD」又は「psd」を選択して下さい。その際、「カラープロファイルの埋め込み」や「プルーフ設定を使用」などの項目には、くれぐれもチェックを入れないで下さい。また、バージョンにより、「.psd」の拡張子がつかない場合がございますので、その際は名前の後に「.psd」と拡張子名を書き加えて頂きます様、宜しくお願い致します。

ヌリタシについて

ヌリタシ図

オリジナル旗に写真や画像を画面一杯にレイアウトした場合、生地を裁断する際に、ズレなどが生じて起こる白い縁などのプリントや印刷の崩れを防ぐ為に、実際に裁断する線よりも余分に写真や画像のレイアウトを拡大するなどして、上下左右3mm程度のヌリタシと呼ばれる部分を作り出す必要性がございます。

ラインにおける注意点

線の幅は、必ず原寸で0.3pt以上になる様に制作して下さい。それ以下の細さになりますと、旗を作成する際、プリント印刷を行う上で、擦れて消えてしまったり、潰れてしまったりする場合がございますので、十分にご注意下さいませ。

文字のアウトライン化について

お客様がご希望されました、フォントでの旗製作を確実に行う上でも、文字のアウトライン化は必須となっております。

手順1■すべてを選択

イラストレーターのメニューバーより、「選択」⇒ 「すべてを選択」を実行して頂く事で、アウトライン化の準備が整います。

手順2■文字のアウトラインを作成

全ての選択されている状態のまま、メニューバーより、「書式」あるいは「文字」をご選択頂き、「アウトライン作成」をご選択して下さい。また、Macをお使いのお客様は、[コマンド]+[シフト]+[O]でもアウトライン化を行う事が可能になっております。

●手順3■確認方法

特注での旗製作に印刷される文字のアウトライン化が実行されますと、図1の様に見えていた境界線が、図2の様に変換されます/p>

アウトライン化

  • 無料お見積り
  • 生地サンプル
  • お問い合わせ
 
Copyright© 2013 旗染卸工場 All Rights Reserved.