HOME > 旗の仕立てについて

旗の仕立てについて

社旗や自治体旗、安全旗に安全衛生旗などの目的が掲揚にある特注旗はもちろん、応援旗やチーム旗にも同様に、各隅にハトメと呼ばれる、紐やロープで固定する際に使用される金具を留める際には、レザーを使い仕立て補強が行われ制作されます。

挟みレザー当て

社旗や、その他のオリジナル旗は、通常この挟みレザー当てと呼ばれる、仕立て補強が行われます。これはハトメを行う際、生地に穴を開ける必要がある為、その分、強度が落ちる事を懸念し、肉厚のレザーを当て補強加工を施す方法になります。

挟みレザーハトメ 挟みレザーハトメ:大きめの三角形をしたレザーで、社旗や自治体旗の隅を挟むように固定する仕立て補強になります。

ハトメを開ける箇所は、社旗や安全旗、安全衛生旗などを激安で特注作成されるお客様にご選択頂く形になり、左右どちらかの2隅へするのか、もしくはL字型になる様に3隅にするのか、上下4隅にするのかをご指定頂きます様、お願い致します。

お客様よりご指定頂きましたら、それぞれの箇所にレザーハトメを行い、製作致します。なお、レザーの色は白となります。

裏レザー当て

裏レザー当ては、挟みレザー当てですと、特にデザイン性を強調したい応援旗やチーム旗の格安製作時は、その大切なプリントや印刷の表現を隠しかねない為、ハトメの際、裏側のみにレザーを当てて補強加工を行う方法になっております。

裏レザー当ては挟み当てに比べますと、ハトメ補強の強度は、若干落ちますが、それでも十分な補強加工だと言えます。また、デザイン重視の制作になりますので、長期間繰り返しての使用をお考えのお客様には、あまりオススメできない仕立てです。

棒袋

手旗などの作成時に活用される加工補強であり、シンプルな掲揚方法が取られる応援旗などに最適の補強だと言えます。通常は左右どちらか1辺に、棒が通せる袋状の空間を作り、縫製、後ほど棒を通した後に下の部分を留める様になっております。

旗の染卸工場では、こだわりのデザインプリント、迫力ある文字印刷を施し、用途に応じた各種仕立て補強を行いまして、通販だからこそ可能な格安な製作費で、ご利用頂けたお客様にご満足頂ける様、オリジナルで高品質な社旗、自治体旗、安全旗、安全衛生旗に応援旗、チーム旗などの激安作成販売をさせて頂いております。是非、当店をご利用下さいませ。

  • 無料お見積り
  • 生地サンプル
  • お問い合わせ
 
Copyright© 2013 旗染卸工場 All Rights Reserved.